ここでは茶色のしみについてのお役立ち情報をお届けしています。
メラニンという色素が影響を与えることとなる茶色のしみ

メラニンという色素が影響を与えることとなる茶色のしみ



メラニンという色素が影響を与えることとなる茶色のしみブログ:15-9-30


コンニチワー

ダイエット中は、
おやつは控えた方が良い!
というのは、わかっているんですが、
なかなか我慢できませんよねぇ~?

で、ボクは考えてみました…

「おやつを食べたーい!」という人の頭の中は
「おやつ」→「美味しい」→「幸せ」
というイメージの連鎖ができていますよね。

だから、お腹が空いていなくても、
おやつのパッケージを見たり、イメージするだけで、
甘い味や匂いや食感を思い出して
食べたくなってしまい、ついつい手が出てしまうのです。

実際、
おやつを食べている時には
確かに美味しくて、
一時的に幸せな気分になるかもしれません。

しかし実際には、
食べ終わった後から、後悔と罪悪感が始まりませんか?

そうやって食べられた食物は、
ストレスとなってエネルギーとして発散されにくく、
その結果、脂肪になりやすくなるみたいですよ!

これって全然幸せなことじゃないですよね?

つまり
「おやつ」→「美味しい」→「幸せ」
ではなく
「おやつ」→「罪悪感」→「脂肪」→「不幸」
なのです!

だから、
おやつのパッケージを見ながら、
食べてしまって後悔したことを思い出し、
そのイメージが常に思い出されるようになるまで、
何度も反復してイメージすれば良いと思うんです。

太っている自分のお腹を写真に撮るなんていうのも、
効果的かも…

何度も何度もおやつのパッケージを見たあとで、
後悔した思いや太った写真を見て、
「おやつ」→「不幸」
というイメージを徹底的に焼きつけるのです。

そうすれば、
おやつのパッケージを見ても、美味しそうな匂いを嗅いでも、
「もうあんな思いするのは嫌だ!」と思って
手が出なくなるんじゃないでしょうか?

メラニンという色素が影響を与えることとなる茶色のしみ

メラニンという色素が影響を与えることとなる茶色のしみ

★メニュー

ボトックス注射を受けるなら仙台にある美容外科
今人気急上昇のまつげエクステの効果と特徴について
レーザーエフェクターという施術はお肌にダメージを与えない
皮膚を美しくそして綺麗にするシミレーザー
ボツリヌストキシンは美容整形の中でも最も注目されている施術
メラニンという色素が影響を与えることとなる茶色のしみ
ワキガ多汗症の治療を札幌の美容外科で施す
婦人科形成を考えているなら京都にある美容外科
皮膚美人を目指す!しみのない肌を実現
気軽に改善することが出来る赤ら顔


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)間違え無い正しい美容方法と豊胸