ここでは茶色のしみについてのお役立ち情報をお届けしています。
メラニンという色素が影響を与えることとなる茶色のしみ

メラニンという色素が影響を与えることとなる茶色のしみ



メラニンという色素が影響を与えることとなる茶色のしみブログ:16-2-18


きのうはビールを飲みましたか?今日も飲みますか?

「好きなんだから仕方がない」「仕事だから仕方がない」
その気持ちはわかるんですが…
だからといって、
健康を無視してしまっていいわけではありませんよね。

ビールに含まれるアルコール。
このアルコールが血液に溶け込んで肝臓に運ばれ、
そこで酵素によって、
アルコールを「アセトアルデヒド」という物質に変化させます。

このアセトアルデヒドは、悪酔いや二日酔いの原因となる有害物質。
頭がガンガンしたり、顔が赤くなったり、吐き気がするのはこのせい。
やがて、このアセトアルデヒドも肝細胞の中にある酵素によって、
無害なものへと分解され、最後には体質の外へ出て行きます。

つまり、こうしてアルコールが完全に体の体質に排出されて初めて、
「体質からアルコールが抜けた」と言える状態になるわけですが、
それまでにかかかる時間、どれくらいかご存知ですか?

飲酒運転も厳しくなった今、
ビールを飲むなら知っておきたい基礎知識ですね。

だいたい成人男性で
一時間に8gくらいのアルコールが消失するそうです。
アルコールの含有量は、ビール大瓶1本で約22g。
つまり、ビール大瓶1本飲むと、
約3時間はアルコールは消失しないのです。

ちなみに、
ビール大瓶1本を他のビールに置き換えると、
日本酒なら1合(180ml)になります。

また、ビールを飲むときは、
できる限りよる正午までにすること。
それ以降に飲むと、
確実に翌朝までアルコールが体質の中に残ることになります。
正午を過ぎたらビールを控え、
内臓への心配りをしてあげて下さいね。

どんとはれ
マカ

メラニンという色素が影響を与えることとなる茶色のしみ

メラニンという色素が影響を与えることとなる茶色のしみ

★メニュー

ボトックス注射を受けるなら仙台にある美容外科
今人気急上昇のまつげエクステの効果と特徴について
レーザーエフェクターという施術はお肌にダメージを与えない
皮膚を美しくそして綺麗にするシミレーザー
ボツリヌストキシンは美容整形の中でも最も注目されている施術
メラニンという色素が影響を与えることとなる茶色のしみ
ワキガ多汗症の治療を札幌の美容外科で施す
婦人科形成を考えているなら京都にある美容外科
皮膚美人を目指す!しみのない肌を実現
気軽に改善することが出来る赤ら顔


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)間違え無い正しい美容方法と豊胸