ここでは京都の美容外科についてのお役立ち情報をお届けしています。
婦人科形成を考えているなら京都にある美容外科

婦人科形成を考えているなら京都にある美容外科



婦人科形成を考えているなら京都にある美容外科ブログ:14-9-19


おはよー

洋食料理、中華料理に比べて、
和食はダイエットにいいって聞きますよね。

それは料理に使う油の量や、
調理方法が違うからなんです。

料理について少し気を遣うと
ダイエット成功に近づきますよ。

だからといって、
「食べるな!」とはいいません。
ただ、ダイエットを成功させるためには、
ある程度我慢するのも必要でしょう。

やっぱり揚げ物って、
数ある食品の中でも特に油を含む、
高カロリーな食品です。

どのくらい高カロリーなのかというと…

例えば、とんかつ。
このとんかつは1枚(100g)で
約450カロリーあります。

このとんかつを、
豚のソテーに変えたら、
1枚(100g)で約300カロリーほどしかありません!

このように、
同じ食材でも、調理方法を変えるだけで、
なんと約150カロリーも違いがでるのです。

…ということは、
連日の食べる事の中で、
揚げ物を食べる回数を調節するだけでも
大きなダイエット効果が期待できると言えますよね。

こういった調理方法をしっかり覚えておけば、
「大好きなお肉も我慢しなきゃ・・・」
「ケーキみたいな甘いものは絶対駄目!」
なんて事も少なくなって、
ダイエット生活にも少しは余裕が出てくるんじゃないでしょうか?

まずは
自分が7日間の食べる事のうち、
平均何食揚げ物を食べているかを把握して
徐々に減らすようにしてみてはいかがでしょう。

最終的には
揚げ物を食べるのは
7日間に1~2回程度に抑えたいところですね。

まぁそこまでできなくても
揚げ物は高カロリーと意識するだけでも
ダイエット中の食べる事の改善には役立つと思いますよ!

応援クリックしてね・・・プチ
婦人科形成を考えているなら京都にある美容外科

婦人科形成を考えているなら京都にある美容外科

★メニュー

ボトックス注射を受けるなら仙台にある美容外科
今人気急上昇のまつげエクステの効果と特徴について
レーザーエフェクターという施術はお肌にダメージを与えない
皮膚を美しくそして綺麗にするシミレーザー
ボツリヌストキシンは美容整形の中でも最も注目されている施術
メラニンという色素が影響を与えることとなる茶色のしみ
ワキガ多汗症の治療を札幌の美容外科で施す
婦人科形成を考えているなら京都にある美容外科
皮膚美人を目指す!しみのない肌を実現
気軽に改善することが出来る赤ら顔


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)間違え無い正しい美容方法と豊胸