ここでは京都の美容外科についてのお役立ち情報をお届けしています。
婦人科形成を考えているなら京都にある美容外科

婦人科形成を考えているなら京都にある美容外科



婦人科形成を考えているなら京都にある美容外科ブログ:16-4-11


減量中の主食として、
みなさまは、食パンとごはん、どちらを選びますか?

減量に関して言うと、
ごはんの方が主食として適しているみたいですよ。

ごはんは、原料に水を加えてそのまま炊くだけですが、
食パンは、小麦粉にバターや砂糖などを加えて焼き上げたものなので、
その分ごはんに比べて高カロリーなんです。

また、それぞれの付け合わせ(おかず)の選択にも影響してきます。

ごはんの場合は、
豆腐や納豆、野菜の煮物などでおいしく食べることができますが、
食パンの場合は、ハムやベーコン、卵などが欲しくなりますよね。

トーストにした場合も、おいしく食べるためには
バターやジャムを使ってしまい、
結果として脂肪分を摂りすぎてしまうことになってしまいます。

トータルすると食パンの方が高カロリーになってしまうんです!

食事の量を減らすと、すぐに腹が空いてしまう!
だから、量はそのままでカロリーは低く抑えたい…
そんな要望に応えてくれるのが、
低カロリーな食材を使った混ぜごはんです。

海藻や干ししいたけ、じゃこ、きのこ類などの食材を
ごはんに混ぜて味付けをしてみると、
おかずはそんなに摂らなくても、おいしく食べることができます。
結果として低カロリーな食事で、栄養もバッチリです。

また、満腹感を得るためには、
ごはんを「おかゆ」にしてしみてはいかがでしょう?
じっくり煮込んだおかゆは、元々のごはんの量が少しでも、
食べごたえがあり、かなりの満腹感が得られます。

ごはん1杯を、おかゆ1杯にかえるだけで、
約90kcalもの摂取カロリーを減らすことができるんです。

減量のために、ごはんを活用しましょう!

婦人科形成を考えているなら京都にある美容外科

婦人科形成を考えているなら京都にある美容外科

★メニュー

ボトックス注射を受けるなら仙台にある美容外科
今人気急上昇のまつげエクステの効果と特徴について
レーザーエフェクターという施術はお肌にダメージを与えない
皮膚を美しくそして綺麗にするシミレーザー
ボツリヌストキシンは美容整形の中でも最も注目されている施術
メラニンという色素が影響を与えることとなる茶色のしみ
ワキガ多汗症の治療を札幌の美容外科で施す
婦人科形成を考えているなら京都にある美容外科
皮膚美人を目指す!しみのない肌を実現
気軽に改善することが出来る赤ら顔


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)間違え無い正しい美容方法と豊胸