ボツリヌストキシンは美容整形の中でも最も注目されている施術

何かと話題となっているのがボツリヌストキシンであり、最近テレビや雑誌など多くのメディアにおいて報道されています。
あまり美容に詳しくない方でもご存知のボトックス注射が今代表的なプチ整形として注目されています。

 

今ではシワの予防にボツリヌストキシンは利用されるようになってきており、爆発的な人気となっています。
世界的にも審査基準が厳しいことで有名なアメリカのFDAも認めている美容術なのです。
ボツリヌストキシンを筋肉が緊張してしまっている部分に対して注入することで、筋肉の働きを弱めます。
これにより表情筋を弱め、顔のシワを改善することが出来るのですが、その他にもワキガや多汗症にも効果が認められています。

免許合宿、今すぐ
http://www.menkyo-designer.com/

アサイーの情報
https://www.suplinx.com/shop/e/eacai/



ボツリヌストキシンは美容整形の中でも最も注目されている施術ブログ:18-7-08

「ライスを食べると太る」
そう思っていらっしゃる方って多いですよね。
読者様はどうですか?

でも、それは大きな間違いみたいです。
「ライスを食べないから太る」
というのが正解みたいなんです。

「ライスは太るから食べない」という間違った認識が
多くの日本人のシェイプアップを失敗させているようなんです。
ライスって、理想的なシェイプアップ食品なんですって!

では、どうして
ライスが理想のシェイプアップ食品なのかというと…

まず、低脂肪で低カロリー。
ライスは100g中に脂肪を0.5gしか含みません。
カロリーも168kcalと低いのです。

そして、
ライスを食べると、ごデンプン質(糖質)を消化するため、
インシュリンがすい臓から分泌されます。

インシュリンは血糖値が上昇し過ぎないよう調節する役割がありますが、
同時に脂肪の取り込みを促進する働きも持っています。

ところが、
ライスはインシュリンの分泌がゆるやかで、
太りにくいのです。
パンやうどんはインシュリンの分泌が多く、
ライスよりも太りやすいそうです。

また、ライスの主成分は炭水化物で、
およそ全体の3/4を占めます。

ライスの炭水化物は
アミロースとアミロペクチンという2種類から成り、
そのバランスがライスの味の良し悪しを決めると言われています。
ちなみに、アミロースが20%弱のものがおいしいようです(コシヒカリやササニシキがこのバランス)。

このアミロースが難消化性であり、
糖として吸収されずに、食物繊維のような働きをするんですよ!
これは、まさにシェイプアップにもってこいですよね!